ロングバケーションの感想

出演者それぞれの個性が良く出ているドラマで、最初から最後まで飽きません!
木村拓哉さんが主役として出演されるドラマは、だいたいエリート、ヒーロー、カリスマ的役を演じられていますが、ロングバケーションは、初々しい音大生役(瀬名)。恋愛にも奥手で、山口智子演じる南の迫力のある豪快な年上女性に振り回される姿は、彼が出演している他のドラマでは見れないと思います。
仕事で忙しい日々を送り、気づいたら結婚もせずに30代。。。なんて女性には共感させられる場面が続出。何かと騒がしい現代社会の中で、「自分らしく、ゆっくりいこう~」と肩の荷をスッと降ろしてくれる、笑いあり、涙ありの作品です。
また、いつ見ても時代を感じさせないのもこのドラマの醍醐味ではないでしょうか。

 

このドラマには最初から最後までドキドキさせられました。まず第1話で南(山口智子さん)が白無垢姿で街を走り回っている姿には驚かせられました。そしてその後、南には様々な試練が訪れますし、瀬名(木村拓哉さん)もピアニストとしてチャレンジするも上手く行かなくて悩みますが、二人で支えあっていく姿が素敵でした。その支えあうと言うのが、優しい言葉を掛け合うという普通の支え方ではなくて、時にはちょっと強い言葉を言い合って傷つけあうこともありながらも思い合うという独特の雰囲気なのが、また素敵な関係だなと思いました。そして瀬名がピアニストとしての成功を収めて、二人がお互いに必要な存在だと認め合って一緒になることになるハッピーエンドがまた感動的でした。木村拓哉さんと山口智子さんのコンビが最高のドラマで大好きです。

 

199年に放送された、木村拓哉と山口智子のドラマですが、二人の恋愛がすれ違うところが見どころだと思いました。また、セナのピアノが切なくてあのピアノを聞いて弾きたくなった人は多いと思います。南のキャラが濃いと思ったけれど、セナのあか抜けないところと合わさって、ちょうど良い感じでした。他の役者も今思えばとても豪華です。キスしよっか。の名言は今でも有名なフレーズです。もちろん久保田利伸の主題歌も有名で、あの曲意外はない。と思えるほど、ロングバケーションイコールラララブソング。だと言っても過言ではないと思います。今は色々続編がでますが、ロングバケーションは絶対に続編はでてほしくないです。名作のまま語り継がれてほしいです。

 

「神様がくれた休暇」という、瀬名の言葉がとても印象的でした。
この言葉は、南を励ますための言葉でした。ですが、本当は自分を励ますための言葉たったのではないかと思います。
瀬名の奏でるピアノの音色が、とても優しくて、切なくて、そして愛おしく感じました。
最終回、瀬名と南が互いの名前を叫ぶシーンでは、きっとこの瞬間のためだけに二人は遠回りをしてきたのだろうなと思いました。
南にとって、年の差はとても重要なことだったと思うんです。
愛されれば愛されるほど不安になるような、そんな気持ちだったと思うのです。
でも。すべてを吹っ切った南は、とても綺麗でした。
二人の長くて美しいキスシーンは、何度見ても、うっとりしてしまいます。

 

ロングバケーションが放送されていた当時、私はまだ小学生で、いつも夜9時前には寝ていました。でもこの日、このドラマが放送される日だけは、頑張って夜更かしして大人の世界を味わっていました。
人気に火がついたキムタクと、年上の女性山口智子のラブストーリーは、なんだかとても新鮮でした。まだまだ古風なおしとやかな女性らしい人が良いという価値観の中、山口智子演じるヒロインの南は、大胆でガハガハとよく笑う活発な女性で、そうゆう新しいヒロイン像にも憧れました。
最初から惹かれ合うわけでは無く、お互いに他の人と恋をしながら、互いの大切さに気づく。このドラマが、その後何年かのラブストーリーの礎になった気がします。それほど、心に深く残ったドラマです。

 

DVDを購入して何度も観た一番好きなドラマです。改めて観ると今では主役級の俳優女優さんたちが脇役でたくさん出ていて、みんなスタイルもよく当時のファッションも楽しめます。瀬名と南の漫才のような掛け合いも面白く、お互い惹かれ始めているのに素直になれず他の人と付き合ったりとてももどかしく、毎回ドキドキしました。中でも一番好きなシーンは、部屋を出た南が急に瀬名に会いたくなりアパートに行くと、瀬名が一人で花火をしていたシーンです。何しに来たの?キスしにきた。というセリフと花火のタイミングがよく、何回も観たくなるキュンとするお気に入りのシーンです。主題歌はもちろんですが、どの挿入歌もいいのでサントラCDもおすすめです。

 

年上女性との恋愛がそれほど普通ではなかった時代なので、設定から凄いなと思った記憶があります。婚約者から逃げられても、南がすごく強くて明るくて大好きになったので、瀬名がいつまでも涼子に片思いをしているのは腹が立ちました。瀬名よりも、涼子が邪魔だなと思っていましたが、結果的にお嬢様なのにチャラそうな男性と付き合うようになったのが意外でした。でもそれにより涼子が嫌いだったのに、見終わる頃には好きになっていて不思議だなと思ったのを今でも覚えています。涼子への気持ちが届かないとわかってからは、瀬名と南のポンポンと言葉が飛び交うような会話が心地よくて楽しかったです。付き合っていないのに、ルームメイトになるというのも衝撃的だったので、憧れました。

 

瀬名は人生がうまくいかない時は「神様がくれた休暇」だというシーンがとても印象に残っています。
このシーンを見ると本当に上手くものごとが行かなかった時には、神様がくれた休暇だと思うことが出来ました。
最初は、瀬名と南はトラブルだらけの同居生活を送っていましたが次第に惹かれて行く過程がドキドキしながら見る事が出来ました。
今では考えられないほど、豪華な俳優さんたちが出演しておりその豪華さが印象的です。
瀬名と南が二人で会話をしているシーンがとても好きで、テンポが良くドラマではなく真実な世界のような気さえしました。
こんな恋をしていと思えるような素敵な二人だったと思います。
木村さんと山口さんの演技力に脱帽したドラマです。

 

ロングバケーション、略して「ロンバケ」はガチで世代なんですが今でもしっかり覚えているくらい面白いドラマでした。第一話からぶっ飛んでいて文欽高島田姿で猛ダッシュするみなみ。結婚式をドタキャンされてしまい彼が住んでいた家で待たせてもらう事になります。その家でルームシェアしていたのがセナ。セナは有能なピアニストでありながらその腕を腐らせてしまっている男性。そのまま二人でルームシェアしていく中で少しづつ縮まっていく二人の距離。稲森いずみさんが引く手あまたの女優だった時代なのでイイ感じでぶっ飛んでますがそのキャラがまた愛らしくもありました。みなみはセナの素晴らしさに気付き、セナはみなみの魅力に気づいて行く。ラストのキスは皆が喜んだハッピーエンド。
ステキなラブストーリーでした。